為替レートの変動

【為替レートはどうして動くか?】

為替取引では為替レートの変動をうまく利用して外貨を売買する事で利益を得ることができます。

まず、為替レートが変動する理由について、通貨の価値はモノの値段と同じだと考えれば分かりやすいと思います。

たとえば、人気があって欲しい人が多いと商品の価値が高い値段がつきます。
人気がなくて売れ残りそうだと価値が下がります。
同じことが通貨にもあてはまります。

ドルに人気が集まるとドルの価値が高くなってレートが上がりドル高(=円安)になります。
逆に、人気が下がるとレートも下がり、ドル安(=円高)になるのです。

通貨の人気は何によって変化するのでしょうか?
まず、その国の経済の健全性を示す経済指標があげれれます。
国の成長率を示す経済成長率、国家の経済状況を示す財政収支、経常収支、政策金利、インフレ率、景気の動向を示す失業率(雇用統計)などその国の力を示す指標がひとつの目安になります。

しかし、為替レートは経済的要因だけでなく、政治的要因や市場心理などが複雑に絡み合って変動します。
政治家などの要人の発言がしばしば為替を動かします。
そのため、ニュースや経済動向をチェックすることが必要です。