外国為替証拠金取引とは?

「外国為替証拠金取引」は、規制緩和で誕生した金融商品です。
金融ビッグバンの一環として1998年4月に改正外為法が施行され、外国為替業務が完全に自由化されました。
これによって、個人向け商品として生まれたのが、外国為替証拠金取引(以下、証拠金取引)です。

【低コストな外貨投資】
証拠金取引のメリットは、少ない資金で大きな取引ができることが挙げられます。
外貨預金に1万ドル預けるには100万円以上の資金が必要ですが、証拠金取引では10万円で1万ドルの取引が始められます。
必要資金は外貨預金の約10分の1で済むのです。

次に、低コストで外貨を売買できることがあります。
銀行で外貨を講入する場合、1ドルあたり1円が購入レートに上乗せされますが、証拠金取引の上乗せレートを含めたコストは1ドルにつき5銭(※1)ほどです。

取引する金額が大きくなれぱなるほど、こうしたコストの差が運用成績に大きく影響します。

また、証拠金取引では為替レートがリアルタイムで動くことも魅力です。

銀行のレートは、通常1日1回しか更新されませんが、証拠金取引のレートはほとんどがリアルタイムで更新されるため、利益のチャンスを逃しません。
(※1)為替事業主によって異なります


【外貨預金と証拠金取引の比較】
例:1万ドルを購入するとき

外国為替証拠金取引…
■為替レートに関係なく10万円で取引可能(※)
■1ドル=115.00円のとき 1ドル購入するのに5銭かかかる(※)
(為替手数料3銭+上乗せレート2銭)(※)
■レートがリアルタイムで動くので利益のチャンスを逃さない。
(※)為替事業主によって異なります


外貨預金…
■(為替レート:1ドル=115.00円のとき)
115円×10,000ドル=15万円が必要
■1ドル=115.00円のとき
1ドル購入するのに1円かかる
■レートの更新は通常一日一回のみ

外国為替証拠金取引は外貨預金と比べて
@少ない資金で大きな取引ができる
A購入手数料を低く押さえられる
Bリアルタイムレートで利益のチャンスが拡大
ということが分かります。